2013年12月10日

首の揺れ−神経内科にて

2ヶ月に一度の、神経内科に行った。

昨日気になることがあったので、医師に質問した。
「昨日は徹夜明けで体調が悪かったんですが、首から上がゆらゆら揺れたんです。何が原因なんでしょうか?」

返ってきた答えは、「それも症状の一つなんですよ」。
「バランスには体のバランスもありますが、首のバランスというのもあります。いずれにせよ、徹夜はやめましょう」

確かに今日は十分な睡眠をとって体調がいい。そのせいか首の揺れもない。
ま、ちゃんとした生活リズムにしろということだな。
posted by SUN'S SON at 00:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

その後

3年以上もほったらかしにしてしまったか。アクセス解析を見ると、その間にもアクセスしてくれた人も多く、何とも申し訳ない。

前回の記事からどうなったかというと…

脊髄小脳変性症は、少しずつではあるが進行しているのは自分でもわかる。特にこの一年で、体重が後ろにかかったときにバランスを保つのが、かなり難しくなった。

心の病(躁鬱病)の方は結局は治らず、会社の休職期間の二年間を満了したので退職。その後は躁鬱病の障害年金と傷病手当金で生活していたが、傷病手当金はあとひと月で終わりだ。

こう書くと悲惨極まりないように思う方が多いだろうが、当の本人はほぼ平常心で生きている(笑)。
大きな収入源である傷病手当金が切れるのは痛いが、精神疾患も未来永劫続くとは思っていないし、状態が良くなれば、失業手当の給付期間延長申請を打ち切ればいい。身体にしても精神にしても障害者手帳を持っているので、手当がもらえる期間は300日と長い。
それに、とりあえず同じ会社に20年近く在籍したわけだから、そこそこの退職金はあるので、次の一手を考えるまでは食いつなげないこともない。

「働くざるもの食うべからず」というのは、僕は反吐が出るほど嫌いな言葉だ。しかし、やはり障害年金以外に無収入になることには焦りが出ることもある。そのときは、こう唱える。

「金は天下の回りもの」

ただしこの言葉にどっぷり浸かると本当に危機意識がなくなるので、半身浴くらい(笑)で過ごしていこうと思う。
posted by SUN'S SON at 11:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

障害年金

昨日柏に引っ越して初めて精神科に行った。
その話の中で、脊髄小脳変性症の話しになり、医師から障害年金の申請を勧められた。

今日、松戸社会保険事務所の出張所にあたる、柏市の年金相談センターに行ってきた。

障害年金の申請は、大きく分けて初診日の特定と診断書を書いてもらうことにある。
初診日は、該当病院に確認したので問題なし。問題は診断書で、本来は慈恵医大青戸病院に書いてもらわなければならない。しかし柏から青砥は遠い。青戸病院がわでは、郵送に寄る受取と発送はやりたくなさそう。代替案として、青戸病院の主治医が慈恵医大柏病院に赴任したので、代わりに書いてもらえばなんとか申請できそうだ。

しかし今は鬱で傷病手当金をもらっているが、傷病手当金と障害年金の二階建て受給はできないそうだ。全くよくできた制度である。
posted by SUN'S SON at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

引越し

今日、佐倉から柏への引越しを完了した。年に2回の引越しは、体にも財布にも痛い。
佐倉での日々は辛く悲しかった。おかげで心を病んでしまった。

僕は今、脊髄小脳変性症ではなく、鬱で会社を休んでいる。でもおまかせプランとはいえ、各方面と連絡を取ってまだ引越しができる身。治らない病気は仕方ないが、治る病気は治し、一から出直す。

まだ杖なしで歩ける。まずはウォーキングでよろける頻度を減らそうと思う。
posted by SUN'S SON at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

下り階段が…。

今日、新潟でやっていた某社会人サッカーの大会観戦から帰宅した。

困るのが、スタンドの階段に手すりがないこと。こうなると昇りはまだいいものの、下りは一歩一歩そろりそろりと下りなければならない。
病気の進行を実感する一場面だ。

おまけに最近歩く量が激減したので、脚の筋肉も落ちた。平地を歩くのにも難儀することもしばしば。

ちょっと厳しい現実を突きつけられたので、意識して歩く量を増やしたいと思う。
でもなかなかしんどいんだよなぁ…。
posted by SUN'S SON at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

転居

実は引っ越した。
座って通勤できるという健康上の理由が大きい。通勤時間は以前とほとんど変わらない。


通院先も変えざるを得なかったが、以前この病気の確定診断のために検査入院したところだから、データが揃っているので問題はない。これまでの主治医もそこからの派遣だったから、出向から本社に戻るような感じで、転院先としてはベストな選択と言える。

今日は連休谷間の平日なので休暇を取って役所関係の手続きを済ませた。

新しい市にも特定疾患の見舞金制度がある。ただし前のところが7500円なのに対して5000円だ。しかし毎月支給されるのが違う(前のところは半年に一度)。


引越しはおまかせプランにした。ただし荷解きは自分でやるプランで、これが意外と苦労する。二万円余計に払ってもいいから荷解きも頼めるプランにしておくべきだった。


通勤は、座れないのが乗り換え後の二駅だけで、あとは座ったまま1時間余り。これは本当に楽で、睡眠時間が1時間増えたようなものだ。


来月には新しい病院に通院する。たぶん検査入院したときの医師かなと思うが、その医師か僕の病状についてどう診るかというのは気になる。
posted by SUN'S SON at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

後ろに倒れる

このところ、「半歩進んだかな」という気はしていたが、比較的調子はよかった。
昨日は妹の結婚式だったが、礼服に合わせて新調した初めて履く靴でも何の問題もなく歩いていた。
ところが。

けさ、仕事で前かがみになって資料を探しているとき、「???」
自分でもわからないうちに後ろに倒れてしまい、会社の備品のついたてを壊してしまった。

立っているとき、歩いているときのふらつきはあるものの、かがんだ姿勢でバランスを崩し、ましてや倒れてしまうのは初めて。
先月撮ったMRIでは小脳の縮みは前回に比べてわずかだったのに。かなりショックではある。

明日通院なので、医師に相談しよう。
posted by SUN'S SON at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

杖はまだ先

年末の仕事納め会でビールをコップ二杯くらい飲んだときに、電話が鳴った。
走って行ったら曲がり角で足がもつれた。
酒のせいとは言いがたいから、軽くショックだった。

年が明けて通勤のバス停まで小走りになるときは特に問題ない。
真っ直ぐならまだ何とかなるのだろう。

時々、杖がほしいなあ…と思うことがある。
しかしホームセンターなどで見つからないので、「ま、いいか」といまだに買っていない。
なくてすむものならそれに越したことはない。

通勤で立つのは結構しんどいが、バランスは両手でどこかをつかめばまず大丈夫。それより腰が痛くなる。そちらの方で「年取ったなあ」と感じてしまうのであった(笑)。
posted by SUN'S SON at 14:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

決めなければならないとき

気がつけば前のエントリーから1ヶ月…


これまで「普通に就労しており、日常生活に支障はない」と強調してきたが、最近になって通勤に自信がなくなっている。


僕は千葉県在住で、都内の勤務地までは片道1時間半以上、往復だと3時間を超える。その途中で、どうしても朝の30分だけ立たなければ電車に乗れないところがある。
つかまり棒と吊り革の両方を持って立っている。杖はまだ使っていないが、思わず欲しくなるときがある。

帰りも座るための乗り換えで、ほんの短い区間混雑した電車で立つが、どこかにつかまることができず脚だけで踏ん張るときは非常に疲れる。
階段はできるだけ避け、エスカレーターやエレベーターを使う。やむを得ないときは必ず手すりを持つ。

これがプライベートな旅行だったらほとんど問題ない。それは遊びと仕事という意味ではなく、毎日か否かという頻度の問題だ。


実は電車に乗らずにすむ近いところに、今の会社の地方の営業拠点がある。そこに転勤という手もないではないが、僕は配置転換を機に精神科の病気にかかってしまった過去があり、今でもその医者にかかっている。その発症した時の部署が営業系の部署。また精神的に破綻するのは目に見えている。

となると、今の会社に居続けられるのは物理的にも精神的にも長くない。たぶん不可能だ。


最近中学時代からの親友から、起業のパートナーとして誘われている。
僕の状況を見るに見かねてではなく、僕の分析力を見込んでくれている。また僕と話すとアイデアが発展するとも言っている。
もちろん僕の病気も知っている。

親友の成功はこれまで自分がこの目で見続けてきた。実はその節目に僕もかかわっている。そのときはビジネスではなく友人としていろいろ提案したが、それがヒントになったようでもある。

そして今、明確にビジネスパートナーとしてオファーを受けている。
何度もそのことで話をしているが、この男となら今までの社内ニート状態に陥ることはないと確信している。

通勤するにしても車で行ける。車なら何ら問題はない。

いずれ体が悲鳴を上げるのはわかっている。
人生で最大の決断をする時期が迫っている。
posted by SUN'S SON at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

二輪

最近、通勤で大通りを歩くと思うこと。

「二輪乗りたいなあ…」

四輪を運転することはまったく支障がない。医師にも大丈夫と言われている。
でも二輪に乗ってみたい。

この病気の診断が出る前の去年に原付を買ったが、初日に転倒、その後もうまく運転できなかったので、あきらめた。
ちなみに自転車は3年前くらいまで日常的に乗っていた。

年末に病気の診断のために検査入院したとき、そこの医師に原付のことを話したら、
「普通は自転車に乗れれば、たぶん原付の方が乗りやすいと思います。それができなかったということは、やはり平衡機能の異常が考えられます」

一人暮らしなので休日に何らかの動力がないと買いものなどの生活に影響する。そのため車を持っているが、車は維持費が高い。これが原付とかだったら安上がりなんだけどなあと思う。
三輪のもあるけど、あれは業務用だし。

あと、昔オープンカーに乗っていたことで、風を受けて走る楽しさを知っている。それもあって二輪に乗りたいが、それもかなわない。

今のオープンカーはみんな値段高いからなぁ…。
posted by SUN'S SON at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。